突き指、ギックリ腰っていう言葉の意味

投稿者:

例えば、突き指。

突き指という言葉は負傷名ではなく、指を突いたという意味の言葉に過ぎないのですね。

なので、例えば「バレーボールをしていてボールで突き指をした」という場合。

「突き指ならアイシングをしとけばいいわ」なんてのは間違い。

突き指をしたことで何を損傷しているのか?ということが重要なのであって、

もしかしたら骨折しているかもしれない。

もしかしたら腱を痛めているかもしれない。

もしかしたら皮下組織が痛んでいるかもしれない。

それによって対処方法が変わるわけで。

同じようにギックリ腰。

ギクッとなった拍子に、何を痛めているのかが重要なわけで。

先日お越しになられた方。

ギックリ腰をされ、

痛そうに入ってこられましたが、

お腹の筋肉を緩めただけで痛みはほぼ0に。

これは損傷ではなく、腰に関係する筋肉が瞬間的に固まってしまっただけ。

組織の損傷であれば、筋肉を緩めてその場で痛みがほぼ0になるはずはない。

なので、「ギックリ腰だから1週間くらいはいたでえ」

なんてことないですね。

ギックリの瞬間に何が損傷しているのか?もしくは損傷はないのか?

を見極め、それぞれに対する技術があれば改善に向かわせることができます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください