施術

投稿者:

例えば、

競技歴に関わらず、

長距離ランナーが膝の痛みを訴えている場合に。

ランナー膝というスポーツ障害がかなりの割合であるのですが。

同じランナー膝でも、

その時々で、

施術方法はガラッと変わってしまうのですが。

時には安静固定を施す場合もあり、

時には電気療法がメインになる事もあり、

はたまた揉み揉みだけで改善する事もあり、

何が最適かはその痛みの経過次第で全く変わってしまうんですね。

安静固定の適応の場合をのぞいて、

出来るだけ走りながらの痛み改善を狙うのが良いのですが。

これをまた間違うと改善から遠のいてしまうので、

慎重に。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください