大臀筋(だいでんきん)

投稿者:

筋肉を揉み揉みする時に、

指が疲れるから長い時間できないですよねー

だけど、「もっとやって」なんて言われたりするんですけど。

やっぱり指で押すと辛いですね。

そんな時は手をこの形にしてグリグリすると結構楽にできます↓↓

掌側から見るとこんな感じ
横から見るとこんな感じ

こうすると、押さえる範囲が大きくなるので、体のどこでも使える訳ではないのですが。

特に、骨の近くを揉み揉みする時にはやめといた方が良いかと。

骨に当たると痛いので。

お勧めの筋肉はお尻の筋肉。

では、この手の形を使って、

お尻の筋肉である、大臀筋をセルフメンテナンスしてみましょう。

大臀筋↓↓↓

青くなっている筋肉が左の大臀筋。
アプリ「visible body」より

広い幅をもった筋肉なので、細かい場所は考えずにガッツリグリグリしていきましょう。

強いて言えば、押さえて気持ちの良い場所をグリグリしましょう。

体勢↓↓

横になって軽く足を曲げた状態で
グリグリしていきましょう
うつ伏せ気味になって
脚を開いた状態でも良いです。
どちらかというとこっちの方が良いです。

どちらでも楽な方でいいですが、

二つ目の体勢は腰に痛みが出たりする事があるので、腰痛をお持ちの方はご注意ください。

朝昼晩、3回。

1回2分はグリグリしたいですね。

大臀筋は腰痛に関連する場合が多い筋肉なので、前回投稿した腸腰筋(ちょうようきん)のセルフメンテナンスと併せてやって頂けたら良いかと思います。

前回の投稿↓↓

https://sesamiseikotsuin.com/2020/04/21/%e8%85%b8%e8%85%b0%e7%ad%8b/

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください