対象筋に負荷を乗せる方法

投稿者:

筋肉を強くしたいとか、筋肉を大きくしたいのであればトレ中は常に対象筋に負荷が乗った状態を作ること。

トップポジション、ネガティヴ局面、ストレッチポジションの全てで各関節の角度や位置を最適なところに持っていくこと。

ストレッチポジションからトップポジションへは上げない&引かないこと。

全部位、全種目でギッチリとしたフォームを作っていく。

そんなトレにどハマりしたトレーニーとパーソナル。

以前は、筋トレYouTubeを見てやり方を真似しながらトレをしていたという事ですが、

負荷の乗せ方を覚えてからは、

これが楽しすぎて、YouTubeは全く見なくなったとの事。

楽しさのレベルが違うんだそう。

テクニックは無限にあるので、どんどん叩き込んで行きます!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください